FC2ブログ

Grumpy Journal by まだらねこ

単なる猫好きおばさんの遠吠え

友人がロンドンに旅行に来た時のこと。

マクドナルドでハンバーガーのセットか何かを注文しようとしたが、
店員がまったく彼女の英語を理解せず、カウンターで何度も繰り返すうち冷や汗が。
ゆっくりと丁寧に発音するようにしたのに、店員は顔をしかめたまま睨みつける。
「アンタ、英語できないの?」的に、ハッキリ言われたそうだ。
「アナタは英語ができないんでしょうか?」というニュアンスではなかったと断言する。
友人は涙が出そうになるのを堪えて店を出た。

まだらねこが現場にいたらその店員に襲い掛かっていたかもしれない。
よく話を聞くと、ロンドンの、観光客以外は客がいなそうな立地にあるマクドナルド。
店員もいわゆる皆のイメージする「英国人」ではなく、黒人女だったらしい。
まぁロンドンでイギリス人が店員をしている店って・・・めずらしいんじゃないの?
・・・というのは冗談だけど、ほぼ(観光産業の)労働者は移民と言う気もする。

その黒人女の英語も想像できる。
客である友人にむかって「アンタ英語できないの?」などと、どのクチが言うか!
とんでもない英語でも、自信を持っている方が勝ち!のよい例だと思う。

しかしムカつく。(笑)
たかがマックの店員に(友人が)バカにされたというのは許せない。
もっと早い段階でその話を教えてくれたなら、成敗してくれたものを~。

ハッキリ言って、現地人顔をしていても何を言っているかわからない店員は多い。
北部訛りも非常に苦労するが、ジャマイカン英語も難解だし、若者英語も難しい。
が、イギリス人の先生が教えてくれた技がある。

ハッキリと明快に、「あなたの英語は理解できませんと美しく言え」という。
どちらが上位かを相手に知らしめるのがよいのだそうだ。
美しく言え、というのが非常に難しいけれど、たしかに効果があると思う。
英語の「マウンティング」のような、一瞬でどっちがアルファか決まるらしい。

件の友人は、ロンドンで何かをオーダーするのが恐ろしくなってしまったと笑う。
が、マックなんぞに行くのが悪い。(どこに行っても基本同じだけど!)
たった一度の些細なことで、旅が台無しになることもある。

次回イギリスに来る時は、心臓にもっと毛を生やして来て欲しい。








このページのトップへ

コメント

This one無敵!

同様の経験をした人の話を分析すると、態度悪いのは圧倒的に女ですね。
特に黒人女性の態度の悪さ(笑)は群を抜いているかも~。
入国審査で黒人女性に当たると、最初からゲンナリします。

以前イギリス人から聞いたんですが、一番侮蔑対象となるのが我らがオリエント、
黒人やイスラムより下だというんです。超ムカつきました。
白人にやられるならまだしも、黒人にやられると怒り倍増・・・って、そういう問題じゃないですが~。

腹立ちますよね。どっちが客じゃ!
あんたこそ何言ってるかわからんわ!と日本語で言ってやるべし!です。

  • 2018/07/23(月) 17:14:21 |
  • URL |
  • まだらねこ #-
  • [編集]

ニューヨークのマックで

同じ経験があります。やはり黒人の若い女店員
怒るんですよ!この若い店員!言葉は分からなくても怒られるのはよくわかる
私の場合、早口で「アンタ英語できないの!」って言われても分からなくらいのレベルなので、でもってこの女店員
最後に両手上げて「ダメだ、こりゃ」ポーズとるのよ!
このニューヨークの時はすっごく傷ついて次の日からスタバに行きました。スタバは優しかったです。あれから数年、今では少し厚かましくなり
笑われながらも「ジス ワン」とGoogle翻訳片手に身振り手振りと顔芸でなんとか旅行してます。

  • 2018/07/23(月) 16:50:42 |
  • URL |
  • バロン婆 #-
  • [編集]

あるんですよ~

こういうことって、あんまり言う人がいないというか、ロンドン在住の人でも似たような目に遭っても黙ってるとか、私は例外と思ってるとか、まぁコスモポリタンといいつつも色々あるのが実態だと思います。
やられたのは頭にくるけど、ロンドンという街の特徴の一つでもあるし、負けちゃいけない!というのもあるし、
たしかにThis oneは間違いがないですよね、防衛という点では効果あるかも。
最近は中国人がものすごく多いのでニーハオ攻撃されることも増え、彼らも一因なのかもしれません。

友人の場合、不幸なことに手元にメニューがなかったらしいんです。
遠くの、店員の背後にしかメニューがなくてうまく伝えられなかったとか。
いずれにしても店員がカスだったのは間違いないんですが、英語のせいにされるとは・・・。
この話を聞いた時はさすがに店員に殺意を抱きました。(笑)

  • 2018/07/23(月) 06:35:41 |
  • URL |
  • まだらねこ #-
  • [編集]

あるあるですね…

似た経験あります。
ロンドンの、マックではなく、普通の喫茶店に夜行って、普通にお茶を注文しようとしたら、注文する前に、アジア人だ!的に、店のねーちゃん、逃げ出しました。逃げる前に、「アジア人来たからかわって、私やりたくない」的な何かを、別の女子の店員に言って、自分は姿を消しました。
私は肩をすくめ、かわりにオーダーをとってくれた女の子に、普通に英語で注文しました。その子は私の英語、普通に理解してくれたのでしょう、オーダー通り、カフェオレか何か(もう覚えてないですが)を持って来てくれたので、「別に一瞥で逃げる必要ないよなー、様子見て、全然英語使えないようなら逃げるってのもありだけど、ちょっと日本人に対して偏見ありすぎ…」と、特に傷つかずに思いました。そもそも団体で外国に行って、そこの国の言葉を使わない日本人が多いからこそのあるあるだと思ってたので、全然傷つかないです。それしきで傷つくなんて、うちらのハートがもったいないですわ。

私ならそういう店員がいたら、多分「ディスワン」攻撃をかますと思います。小林よしのりさんの漫画にあって、拭いたんですが、メニューを指さし、「This one !」だけでのりきる、という…(笑)

  • 2018/07/22(日) 08:29:32 |
  • URL |
  • Hayashi #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

まだらねこ
  • Author: まだらねこ
  • 日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

Search

Calendar

09 « 2018/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

まだらねこ

Author:まだらねこ
日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR