FC2ブログ

Grumpy Journal by まだらねこ

単なる猫好きおばさんの遠吠え

たまたま見たテレビの料理番組!?で、ニッポンのキャラ弁が紹介されていました。

作り方の説明ではなくて、単に「こんなすげぇ弁当を作る日本人すげえ!」という感じ。
キャラ弁を見つめる全員が「これは食べ物か?」という空気を醸していたように見えた。
そうだよね~、アンタたち見た目は問わないもんね~、基本「質より量」だもんね~。
不器用にかけては世界一!!?のイギリス人にはわかるまい・・・と思いつつ、
どちらかといえば気持ち的にはイギリス人側の立ち位置か。

昔は、お弁当箱のフタを開けたら桜でんぶでハートが象られていて笑い者になるとか、
少女マンガ!?のような、そんな可愛いレベルで踏みとどまっていた気がする。
そもそもキャラ弁の元祖というか、弁当に細工する始まりはでんぶじゃないかと思う。
鶏そぼろと炒り卵とでんぶで可愛くしたのが始まり・・・というのがまだらねこ説。
それが異次元にワープしたのがキャラ弁。

一生懸命キャラ弁作っているお母さんには申し訳ないけど、度を越えている。
だって、W杯の大迫選手の顔の弁当なんて・・・食べたいですか?(笑)
まだらねこは「鳩サブレ」だって食べるの悩むのに。(シッポからか頭からか)

拡散されて褒められたいのが動機なら、目的は果たしていると思うのだけど、
まぁ、忙しい朝によくあれだけの細工をほどこした弁当を作れるもんだと感心する。
同時にコレを「愛情」と勘違いしてはいけないとも思う。
まぁ、ユーモアであるのは間違いないけど、それ以前に完全に「趣味」でしょう。
せいぜい「タコ形ウィンナー」で止まってくれた母に感謝する。

イギリス人どものキャラ弁を見た感想に唸った。
「ここまでいじくりまわされた食べ物を食べたいとは思わない。」
これは食い物か?という、動物的判断に基づいた意見で気持ちは理解できる。

誰一人として食べたいという人がいなかったのにも驚いたけど、
お母さんたちの苦労を思うと・・・子供がいなくてよかった!とつくづく思う。

・・・もう、まだらねこ世代なら孫だろうけどねー。(汗)






このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

まだらねこ
  • Author: まだらねこ
  • 日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

Search

Calendar

09 « 2018/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

まだらねこ

Author:まだらねこ
日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR