FC2ブログ

Grumpy Journal by まだらねこ

単なる猫好きおばさんの遠吠え

先日、某新聞に載った投書。

幼稚園職員(75)の投稿者がある日、交差点で信号待ちをしていた時、
ピカピカのランドセルを背負った女の子がやって来た。
「お帰りなさい。車に気を付けて、おうちに帰ってね」
女の子にそう声をかけると、突然ランドセルに付いていた防犯ブザーが鳴り響いた。
女の子はそのまま横断歩道を渡って行った。

これは実に腹立たしい。(笑)

実家のある西東京市では、水曜日!?は学校がお昼で終るらしく、防災スピーカーから
「ぼくたちを見守ってください」なるアナウンスが流れる。
「地域の皆さん、もうすぐ下校時間です。ぼくたちを見守ってください」とかなんとか。
見守ってあげていたのに防犯ブザーを鳴らされちゃたまらん。
しかも投稿者(被害者!?)は、幼稚園職員の70代の人らしい。
心が狭くて申し訳ないが、フザけるな!ガキ!という気持ちにもなる。

知らない人に声をかけられたらブザーを鳴らすように叩き込まれているのだろうが、
怪しい人と親切な人の区別が子供にはつかないという一言では済まない気がする。


先日の新幹線車内での切りつけ殺人事件でも、助けに入って殺されてしまった男性を
周囲は加勢することはできなかったんだろうか?というツイートが炎上したらしい。
そう思うのももっともだと思う一方で、自分は加勢せず逃げるというのもアリだと思う。
「色んな意見があるんだよ」と思わずに、即!炎上する方がどうにも理解に苦しむ。

まだらねこは過去にガキを助けようとして強烈にイヤな思いをしたことがあるので、
基本的には(子供には)距離を置くことにしています。
誘拐されそうになっていたり、怪我をして倒れているとか、そういう事態は別だけど、
「見守ってください」と言いつつ、横断歩道で見守り中に「防犯ブザー」鳴らされちゃ、
おい!ちょっと待て!と思うのは当然かもしれない。

親切にはしてあげたいけど、仇になる可能性。
時と場合によるのだろうけど、バランスが難しいとつくづく思う。






このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

まだらねこ
  • Author: まだらねこ
  • 日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

まだらねこ

Author:まだらねこ
日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR