FC2ブログ

Grumpy Journal by まだらねこ

単なる猫好きおばさんの遠吠え

TNRの効果か猫ブームの影響か、最近子猫が減ったねぇ・・・とよく聞きます。
その反対に「子猫が欲しい」という人が増え、子猫不足という珍妙な現象も。
「猫が欲しい」のではなく「子猫が欲しい」人の増加は、なんだかちょっと恐ろしい。

猫が子猫でいる時間は本当に短い。
預かりボラさんが生後2ヶ月くらいまでは面倒をみて、その後に譲渡になるのだから
あっという間に(見た目はともかく)不妊手術が必要な月齢になってしまうのに。
生後半年くらいまではなんとか「子猫」だろうけど、1歳になると「子猫」じゃない。
そのくらいの年齢の子の方が飼いやすいのに、それがわからない人が多いらしい。

「2017年の動物虐待の検挙数が過去最悪を更新した」というニュースを4月に見た。
7割近くは猫の被害、検挙数は68件。5年連続の増加で過去最悪を更新。
8年前に比べると倍以上、虐待犯の大半は男。
虐待する動画をインターネット上に公開するケースが多い・・・のだそうだ。

そもそも発覚しないことも多いだろうし、地方ではそもそも虐待という意識すらないとか
水面下の虐待はいったいどのくらいあるんだろう・・・と空恐ろしい。

知人の猫ボラさんは「やっぱり男に譲渡するのは2重に警戒するわ」という。
「でも、女だからいいかっていうとそうでもない。女はメンヘラが多い」という。
男か女しかいないんだから、それじゃあ救いがないじゃないか!と思うのだけど、
要するに「以前よりもずっと人を疑うようになってしまった」のだとため息をつく。

たしかに「優しそうな」タイプが実は陰湿な虐待を行うのもよくあるらしいし、
最近は沖縄での日常的な・・・というよりも、虐待だとすら思っていないレベルの、
言葉を失うひどい行為の話を聞いて「楽園イメージとの乖離」にショックを受けた。

そんな風に更に「人を信じるのが難しい社会」になってきているなかで、
せめて無防備な子猫が減ってきている・・・というのは、本当によかったと思う。

なんだか救いがあるようでないような・・・。





このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

まだらねこ
  • Author: まだらねこ
  • 日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

まだらねこ

Author:まだらねこ
日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR