FC2ブログ

Grumpy Journal by まだらねこ

単なる猫好きおばさんの遠吠え

先日、たまたま夜7時のニュースのチャンネルに変え損なってしまい、
BBCの7時の番組のままになっていたら・・・画面に見た顔が!

「王様と私」の衣装を来た一群のなかに、つるっぱげの、見たようなオッサンがいる。
わ!渡辺謙だ! と気がついて、しばらく画面に釘づけになってしまいました。
ブロードウェイでやっていたのは知っていたけど・・・ウェストエンドにも来ちゃったのか!
できれば来ないで欲しかった・・・というのが正直なところ。

それはブロードウェイで通用しても、ウェストエンドで通用するかは疑問だったから。
だれがどう見ても渡辺謙(の演技)が今まで歴代の俳優を上回るとは決して思えず。
彼は日本人だから、高評価を受けて欲しいとはちょっぴり思う。
・・・が、彼のインタビューを聞いて「????」と違和感ブリブリだ。
375962.jpg

まず、渡辺謙本人が「私は舞台俳優です」と言い切ったのに驚いた。
たしかに舞台に出たことはあるだろうが、舞台俳優と断言できるかは疑問だ。
どうみても単なる役者、たまに舞台にも出ます、程度だと思っていたけれど・・・。

日本では人気のある俳優は、つまり客寄せパンダとして配役されることが多い。
イギリスの場合は俳優さんの層が異常に厚く、学校で本格的に演劇を学ぶ、
だから著名な英国人俳優は皆、裕福な家庭の出身者が多いという現実がある。
大変申し訳ないけれど、渡辺謙さんが特に歌やダンスが上手だとは思わない。
王様と私の配役で納得できるのは「体格とハゲ」だけという気がする。

イギリスの新聞の、劇評は恐ろしくて読めない。
褒めてあればよいけれど、イギリス人はイヤミで褒めることもあるから怖い。
ケナしてあればあったで(もっともだと思いつつも)ムカつく!?し、複雑極まりない。

ただ、最近のウェストエンドはリバイバル公演ばかりで話題作も少なく、
あまり興味がないので劇評なんぞどうでもいい気もする。

日本にいる間、浮気~離婚とロクな話を聞かなかった「謙さん」だから、
外では好意的に受け入れられたらいいねぇ程度に「見ないことにする」。(笑)










このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

まだらねこ
  • Author: まだらねこ
  • 日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

まだらねこ

Author:まだらねこ
日英行ったり来たりの単なる猫好きおばさん。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR